大総合法律事務所 TSUYOSHI DAI & PARTNERS

LAWYERS 弁護士紹介

弁護士 吉村 祐一

当事務所入所後、ファーマ・バイオ・ヘルスケア案件(メガファーマから創薬ベンチャー、大学発の研究開発型企業等を含む)における共同研究開発契約、ライセンス契約等の契約交渉案件、ジェネラルコーポレート案件、各紛争訴訟案件(知財紛争、商事紛争、一般民事等を含む)、国際取引案件といった多種多様な案件に関わる。クライアントの声に丁寧に耳を傾け、その案件に最適な解決策を探ることを心がけている。(また明快かつ精緻な書面作成には定評がある。)プロボノ活動や国選弁護人などの公益活動にも熱心である。

略  歴

2008年
中央大学法学部国際企業関係法学科卒業
2011年
一橋大学大学院法学研究科法務専攻(法科大学院)修了
司法試験合格
2012年
弁護士登録
2013年
大総合法律事務所にて勤務開始
2018年
パートナー就任

役員等

所属団体

講演等

  • NPO法人TFF主催「はじめての著作権~基礎編及び応用編」(2015年7月)
  • 「応用美術の著作物性について~TRIPP TRAPP事件控訴審判決とその後の裁判例の動向~」LES JAPAN NEWS VOL.58 No.4,(2017年12月)