大総合法律事務所 TSUYOSHI DAI & PARTNERS

TOPICS トピックス

2017年

10月16日
大毅弁護士が国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)主催の医療分野の成果導出に向けた研修セミナーにて、医師主導型臨床試験に関する契約等の医療に関する契約実務の講師を務めました。
6月23日
大毅弁護士が、東証一部上場の株式会社リログループの監査役に選任されました。
3月31日
大毅弁護士が、産業革新機構と武田薬品工業株式会社を中心に約100億円出資して設立された株式会社スコヒアファーマの監査役に選任されました。
1月31日
大毅弁護士が、R&D支援センター主催のセミナーにおいて、「共同研究契約等の契約実務の基礎とトラブル防止策」と題する講演を行いました。
1月19日
大毅弁護士が、日本ライセンス協会2018年年次大会の大会実行委員長に選任されました。

2016年

10月31日
大毅弁護士が、国際的な法律家団体であるローエイシア東京大会2017組織委員会の役員(監事)に選任されました。
8月29日
大毅弁護士が、株式会社ビーアンドピーの社外監査役に選任されました。
7月23日
吉村祐一弁護士が、特定非営利活動法人SVP東京の監事に選任されました。
3月25日
大毅弁護士が株式会社オロの社外監査役に選任されました。
3月1日
大毅弁護士が日本ライセンス協会の理事に選任されました。
2月15日
大毅弁護士が技術情報協会主催のセミナーにて「開発早期にある導入候補医薬品のライセンス契約の留意点」と題する講演を行いました。
1月7日
当事務所に鈴木亮平弁護士が入所しました。
1月4日
当事務所の事務所名を、「大総合法律事務所」に変更しました。

2015年

8月4日
大毅弁護士が技術情報協会主催のセミナーにて「再生医療分野における共同研究開発・ライセンス契約の留意点」と題する講演を行いました。
7月30日
吉村祐一弁護士がデザイナー・写真家らを支援する団体のセミナーにて、「はじめての著作権~基礎編及び応用編」と題する講演を行いました。
6月1日
大毅弁護士が第一東京弁護士会綱紀委員会の綱紀委員に就任しました。
4月22日
大毅弁護士による「再生医療でオープンイノベーションを実施する際の留意点~契約について」と題する論文が製薬・バイオの業界誌「PHARMSTAGE(ファームステージ)」4月号に掲載されました。
4月1日
当事務所のホームページをリニューアルしました。

2014年

12月22日
当事務所は、平成26年12月27日(土)から平成27年1月5日(月)までを年末年始休業期間とさせて頂きます。ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願いいたします。
12月4日
大毅弁護士が、iPS細胞技術を使って網膜疾患等の再生医療に取り組む株式会社ヘリオスの研究倫理審査委員会の委員に就任いたしました。
10月10日
大毅弁護士による「特許侵害事件における複数主体の関与に関する判例の動向と若干の考察~医薬品における事例を中心に~」と題する論文が日本ライセンス協会の機関誌「LES JAPAN NEWS」9月号に掲載されました。
7月7日
大毅弁護士による「技術研究組合の概要と実務上の留意点」と題する論文が、NBL第1028号に掲載されました。
6月1日
大毅弁護士が、滝川クリステル氏の設立した財団法人「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」の監事に就任しました。
1月7日
当事務所に石田学弁護士が入所しました。

2013年

11月12日
大毅弁護士が、ヤマサキ ファーマ コンサルティングにて、「医薬ライセンス実務講座 ライセンス契約のケーススタディ」と題する講演を行いました。
9月24日
大毅弁護士による“Overlooking Issues In Cross-Border Licensing Transactions”と題する論文が、知財・ライセンス分野のグローバル組織である“Licensing Executives Society International(LESI)”の論文誌“les Nouvelles-September 2013”に掲載されました。
9月10日
当事務所は、トムソンロイター財団が主催する法律事務所の社会貢献活動(Pro Bono)を支援するグローバル組織“Trustlaw Connect”への参加が承認されました。
5月10日
大毅弁護士が大手製薬会社・バイオベンチャーのメンバーが主催するBaNZaI(Bio active Networking with Zeal and Inspirer)において、バイオベンチャーに関連する各種契約(共同研究開発契約、ライセンス契約等)のセミナーを行いました。
4月28日
生田秀弁護士が社会福祉法人ゆずり葉にて「成年後見制度の概要~親亡き後を考える~」と題し講演を行いました。
3月25日
大毅弁護士が第一東京弁護士会創立90周年会報特別号『これまでの弁護士これからの弁護士』に53期の担当として寄稿しました。
1月9日
当事務所に吉村祐一弁護士が入所しました。

2012年

12月25日
当事務所は、平成24年12月29日(土)から平成25年1月7日(月)までを年末年始休業期間とさせて頂きます。ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願いいたします。
11月21日
大毅弁護士が執筆した論文「クロスボーダー契約のリスク」(知財・ライセンス編)がビジネスロー・ジャーナル(2013年1月号)に掲載されました。
7月26日
大毅弁護士がJASDAQ(グロース)上場の株式会社スリー・ディー・マトリックスの社外監査役に選任されました。
2月27日
大毅弁護士が平成24年2月27日付日本経済新聞の法務インサイド特集(「プロボノ」企業法務生かす」)に掲載されました。
2月17日
生田秀弁護士が「CLUSTER ~起業家スピリッツを持つITビジネスパーソンの集い~」において、ソーシャルメディアの課題に関するパネルディスカッションのパネリストをつとめました。

2011年

12月26日
当事務所は、平成23年12月29日(木)から平成24年1月4日(水)までを年末年始休業期間とさせて頂きます。ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願いいたします。
12月15日
大毅弁護士が公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会主催「東京都暴力団排除条例~事例の紹介」と題するセミナーを平成24年1月17日に行います。
9月8日
当事務所とNPO法人ETIC.との間で、ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット事業に関するアドバイザリー契約を締結しました。同事業のメンバーである社会起業家に対する事業化サポートメニューを提供いたします。
8月29日
大毅弁護士が金融財務研究会主催「IFRSと内部統制の統合に係る法的問題点~本質を理解し、両者を円滑に統合させるためのポイント~」と題するセミナーを平成23年9月21日に行います。
7月20日
大毅弁護士・生田秀弁護士が金融財務研究会主催「商品先物検査に備えて~商品先物取引法の法律知識と実務上の論点~」と題するセミナーを平成23年8月23日に行います。
6月27日
大毅弁護士が金融財務研究会主催「内部統制の最新動向とIFRS導入にあたり求められる企業法務」と題するセミナーを平成23年7月28日に行います。
6月23日
大毅弁護士が執筆した「IFRSと内部統制の考え方」が日本実業出版社から刊行されました。
4月11日
経済産業省平成22年度産学連携人材育成事業 「具体事例から学ぶ創薬系バイオベンチャー経営の要点」に大毅弁護士がインタビューを受け実名にて記載されました(99頁以下)。
4月4日
東日本大震災に対する支援業務につきアップしました。
4月1日
元内閣特別顧問の黒川清先生が代表理事をされる特定非営利活動法人日本医療政策機構の監事に所長の大が再任されました。
3月28日
日経バイオテクに誌上セミナー「失敗しない契約のノウハウ オープンイノベーション促進の必須」(2011年3月)との記事が掲載されました。
2月21日
当事務所とNPO法人フローレンス(代表駒崎弘樹氏)との間でプロボノ支援に関する顧問契約を締結しました。同法人代表の駒崎弘樹氏が取り組む休眠口座基金の創設プランの策定につき当事務所が法律支援業務を行います。
1月20日
当事務所に生田秀弁護士が入所しました。